2007年 07月 14日 ( 1 )

頑張れ!大阪松竹座 七月大歌舞伎

昨日のお昼から今日の夕方近くまで、仕事にて拘束されておりました。
しかし台風情報だけは得ていました。
関西を直撃することになったら、山南敬助のお墓は大丈夫かしら。大阪松竹座に立てられている七月大歌舞伎の幟は避難させないといけないよね。交通機関がマヒしたら、行く予定にしている人たちも大変だろうと、そんなことを考えていました。

夕方、我が家に帰ってきて、インターネットで色々とチェックしていたら、ただ今、大阪松竹座での七月大歌舞伎に出演中の市川海老蔵さんが怪我で休演という文字が目に入ってきてパニック、パニック。

そして私はこの時点で、『女殺油地獄』での第三幕での油まみれになりながら与平衛@海老蔵がお吉@孝太郎を殺そうとする凄まじいシーンで怪我をしたんだと思い込んでしまいました。
だって先日、このシーン観ながら、お二人が怪我をしないかしらと心配だったんだもん。またこちらの方で、孝太郎さんの叔父にあたる秀太郎さんがお吉を演じた時、脳内出血を起こしたことがあると、孝太郎さんが仰っているんですもの。

そして落ち着いてよくよく調べてみると、13日、昼の部の『鳴神』終了後に楽屋の風呂場で滑って、弾みで割れたガラスで足の裏を裂傷し、15針縫う怪我をしたそうです。こちらより
海老蔵さんの今公演中の復帰は未定とのこと。
海老蔵さんの代役として、『鳴神』の鳴神上人役を片岡愛之助さん、『義経千本桜』の義経役を坂東薪車さん、『女殺油地獄』の油屋与平衛役を片岡仁左衛門さんが演じるそうです。

七月大歌舞伎の番付に載っている『鳴神』と『義経千本桜』の上演記録を見る限りでは、愛之助さんは『鳴神』での鳴神上人、薪車さんは『義経千本桜』での義経を演じたことはないようです。ここに載っていない分であったら、ごめんなさい。
そんな状況でありながら、すぐに演じられるということがすごいな~と、びっくりしました。また愛之助さん六演目のうち六役だよ。
そして仁左衛門さんの『女殺油地獄』の油屋与平衛。
1週間前『ぐるっと関西プラス』での生出演についての記事において孝太郎さんのことを中心に書いたので触れなかったのですが、こんなことが話題に上りました。

『女殺油地獄』での油屋与平衛は仁左衛門さんの当たり役。今回は監修を務め、海老蔵さんに教えたわけです。またこれまでも与平衛を演じる染五郎さん初め若手に教えてきたとのこと。
司会者の方から「また自分が与平衛をやりたいと思ったことはないですか?」と尋ねられ、

またやりたくなってきてね。
しかし自分はやらないつもりです。この与平衛は実年齢が近い方がお客さんに訴える力が大きくなる。
60、70歳になろうとも、歌舞伎の他の芝居では若い人ではかなわない芸の魅力が出てくるものである。しかしこればっかりは、実年齢に近い方がいい。
だから自分はやらないつもりです。


と言うようなことを仰っていました。しかし今回ばかりはこの代役、仁左衛門さんしかいないでしょう。
まさかこのような形で演じることになるなんって、仁左衛門さんも思ってもいなかったでしょうね。

先ほどの孝太郎さんの記事にて、以前、この七月大歌舞伎で中村勘三郎のお兄さんが倒れられて、中村橋之助のお兄さんが急きょ代役をされるという緊急事態が起こり、みんなで一致団結して乗り切ったこともあったと孝太郎さんが語っています。

今回もまさしく同じような状況。
本人もつらいだろうし悔しいだろう。また役者さんもスタッフも色々と大変だろう。でも今回も仁左衛門さんを中心にみんなで一致団結して乗り切ってくれることでしょう。

頑張れ! 七月大歌舞伎
               関西・歌舞伎を愛する会 第16回

[PR]
by eri-seiran | 2007-07-14 22:52 | 歌舞伎

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧