カテゴリ:身辺雑記( 256 )

必ずやって来る朝

a0044916_5463957.jpg

4月4日の5時頃の朝焼けです。
[PR]
by eri-seiran | 2011-04-04 05:48 | 身辺雑記

必ずやって来る春

a0044916_5433446.jpg


この週末に訪れた醍醐寺の桜です。
[PR]
by eri-seiran | 2011-04-04 05:45 | 身辺雑記

3週間

今日で長州から帰ってきて3週間です。
この3週間、長かったです。日本が大変な状況でも自分に出来ることは限られていて、まずは元気でいること、目の前の仕事を片付けること、節電をして買い溜めをせず、我慢できるところは我慢して義援金に。
そして大震災後、自分の生き方やこれからの人生を見つめ直しています。

大震災後、九州に住む姉から電話がありました。姉は地震があった時、私が東北に行っていることはないだろうと思ったけれど、東京に行っているかもしれないと思ったとのこと。
東京はあり得ます。いや~東北も十分にあり得た話しなんです。
時期は地震が起きる1週間前ですが、長州でなくて東北の山南敬助&新選組ゆかりの地に行っていたかもしれないんです。
記事にも候補に挙がっていたことを書いているんです。

2月にあったニュージーランドのクライストチャーチの地震にも自分はとてもとても驚き、悲しみにくれていました。
何故ならば1年前の2月にクライストチャーチに行っていたから。崩れ落ちた大聖堂の展望台まで上がりましたし、地震で倒壊しそうになっていたホテルに泊まっていました。
映像を見ていると、1年前に見た景色がたくさん出てきました。

もし長州でなくて東北に行っていたら、ニュージーランドのクライストチャーチに続いて、自分が訪れた所が続いて地震ということで、今以上に怖いものがあり、もうどこにも行けなくなっていたと思う。

さて仕事は何とかほぼ片付けられました。次は来年度の準備です。
と言うことでこの週末は久しぶりにゆっくりできました。昨日は大震災が起きる前から計画を立てていた福井の敦賀に行って来ました。敦賀からの帰り、江の故郷である長浜に寄って、江・浅井三姉妹博覧会の『浅井・江のドラマ館』に入りました。
a0044916_23111180.jpg


他にも『小谷・江のふるさと館』と『長浜黒壁・歴史ドラマ50作館』があるのですが、時間の関係でひとつの館のみ。個人的には『長浜黒壁・歴史ドラマ50作館』に行きたかったのですが。
昨日は雪が積もることはありませんでしたが、雪が一日中舞う寒さでした。
そして今日も寒かったです。
3月も終わりと言うのにいつまで寒いんだろ。
本当に今年は南九州でも大雪の新年を迎えるという異常気象であり、寒い冬でした。そして大震災。
早く春が来てほしい。
やって来ないならば、自分で春を探しに行こうということで、今日は春探しに
大津の石山寺に行ってきました。
a0044916_2312172.jpg

源頼朝によって建久5 (1194) 年に建立された日本最古の多宝塔だそうです。

a0044916_23212654.jpg

石山寺から見る瀬田川です。


そして春を知らせる花々です。
a0044916_2322842.jpg

石山寺の梅です。

a0044916_23222890.jpg

寒桜は見頃でした。

a0044916_23233096.jpg

ソメイヨシノはまだまだです。

a0044916_2324972.jpg

黄色水仙は温かさを感じます。

春はそこまで来ている。
冬は去り、必ず春はやって来るんだ。
[PR]
by eri-seiran | 2011-03-27 23:19 | 身辺雑記

それ以後の自分

長州から帰って来た翌日の7日から目の前にある仕事とひたすら戦ってきました。戦ってもなかなか先が見えなかったのですが、やっと先が見えてきたという感じです。
この週末はゆっくりとできそうです。
目の前にある仕事とひたすら戦っていても3度の食事が取れて、仕事をしながら珈琲が飲めて、お風呂に入れて、夜は暖かい状態で眠れて。
現在、震災の地で頑張っている人たちと比べたら、私の仕事との戦いはとてもとてもとても小さなことでした。
震災の地で頑張っている人たちから私の方が励まされ、頑張れたのです。

震災が起きた時、人間はなんって無力なんだろうと思いました。しかしその後、人間ってなんって強いんだろうって。日本人の強さと結束力ってすごいな~と思います。
そんなすごい日本人の一人として生まれてよかった。

2日前、渡辺謙さんらがkizuna311を立ち上げ、そこには様々な著名人からメッセージが届いていることを知りました。今朝、初めてアクセスしてみたら、そこには堺雅人さんからも手紙が届いているではないですか。
手紙には映画『ゴールデンスランバー』で仙台が舞台であり、お世話になったと書かれてありました。
そして仙台と言えば山南敬助の故郷でもあり、震災があった2日後に第5回山南忌がありました。
色々な思いの中、参加して来ましたが、これまで以上に参加してよかったと思えました。
[PR]
by eri-seiran | 2011-03-24 09:36 | 身辺雑記

新しい携帯電話

年末、携帯電話を4年ぶりに替え買えました。2010年中にやっておきたかったことで、ギリギリになって実行。
4年の間に携帯電話はすごい進歩をしているんですね。

携帯のカメラ機能も良い。
ただ以前の感覚で撮影してアップしたら、縦に長くてめちゃ大きい。
壁紙用で撮影したらこうなるんだ。
[PR]
by eri-seiran | 2011-01-05 17:14 | 身辺雑記

帰国後

8月25日~29日の4泊5日で香港に行っていました。
蒸し暑かったけれど、日本の暑さよりはずっとマシ。

薩摩から帰って来て3日間働いて、朝5時に起きて関西空港に向かい、帰りは23時過ぎ。翌日から仕事でこれがめちゃくちゃハードで、香港から帰って来て2日目より胃腸の調子が悪く、休みの今日、病院に行って来ました。原因は胃腸炎。色々な疲れなどによるものだろうとのこと。
こんなに暑く、自分でもハードスケジュールの8月だな~体がもつかな~と思っていたのですが、楽しみがなくなってどっと疲れが出たようです。
でも香港はとても楽しかったです。
だからまた異国に行こう。そのためには頑張って働かなければと思えるのです。

香港から帰って来て初めての休みの今日は荷物の後片付けや洗濯、病院行き、そしてたまっている予約録画したものを少し見ました。

『ゲゲゲの女房』 香港に行って見られなかった先週分を片付けました。
『龍馬伝』 第32回
『ちりとてちん』第17週目の「子はタフガイ」の3回分

どれも追い付くにはまだまだです。
旅のレポをアップするのにももう少し時間がかかりそうです。多分、アップすると思う。
[PR]
by eri-seiran | 2010-09-04 21:44 | 身辺雑記

ばらの記事の理由

大河ドラマ『龍馬伝』での第18回での紀行を見て、大坂海軍塾が新選組の常宿であった京屋、また山南敬助が不逞浪士と戦って負傷したと思われる岩木升屋、そして土方と共に山南が浪士と戦ったという記録が残る鴻池など大坂での山南敬助&新選組が確かに居た所にとても近かったということを知り、びっくりしちゃいました。
そうか!だから『組!』の坂本龍馬@江口洋介は第20回にて、京屋に滞在していた近藤や土方を訪ねて来れたんだ。ちなみにこの時、山南は京の残留組で隊士の面接を行なっていたんですよね。
この頃、龍馬が上方にいた理由も今回の大河ドラマで分かってすっきりです。
と言うわけで、この辺りの幕末ゆかりの地を歩きたいな~と第18回を見てから思っていたのです。
そして大阪と言えば、『ちりとてちん』のゆかりの地でもあるわけです。今回、再放送を改めて見て、喜代美ちゃんと草々の行動範囲って、山南敬助&新選組の行動範囲とあまり変わらないのでは?と思い、調べてみたら、本当にそうでした。
大好きです。大阪にこの辺り(笑)。
と言うことで、大阪での幕末&『ちりとてちん』ゆかりの地巡りを実行して来ました。レポについては後日に。

携帯からアップした靭公園でのばら。靭公園は幕末も『ちりとてちん』も関係なく、寄り道だったのですが、ばらが奇麗でせっかく撮影したので改めてアップしておきます。

a0044916_2255796.jpg

a0044916_2261041.jpg

a0044916_2262396.jpg

a0044916_2263952.jpg

[PR]
by eri-seiran | 2010-05-16 22:08 | 身辺雑記

平成22年(2010)の京の桜

私が住む所でも桜の蕾が膨らんできたんだと先週のいつ頃だったか、気付き、そして日曜日にはいつのまにか咲いているということに気付きました。

昨日でなんとか今年度の仕事を片付けました。
そして昨日は午後から雪が舞い、まさしくなごり雪。寒かったです。
雪が舞う中、咲いている桜。
そんな桜を見て、どんなことがあっても自分も頑張ろうと思えたのです。
そして4月からの地獄に備えて今日はリフレッシュしようと決め、生活・仕事エリアから離れたく、京まで桜を見に行って来ました。

春休みだけど平日、また京の桜は満開というところまではいっていないのですが、なんという人なんだ。バス停は長蛇の列。円山公園や清水方面は特に多い。という自分もこちらの桜を見ようと行く前から決めていました。
祇園で降りて円山公園へ。
a0044916_21164722.jpg

a0044916_2117457.jpg

a0044916_2118482.jpg

坂本龍馬と中岡慎太郎です。
そしてこの二人が見ていたしだれ桜です。
a0044916_21172252.jpg


円山公園を回った後はねねの道、二寧坂、三寧坂を通って清水の方に向かって歩いたのでした。とにかく人だらけでした。外国人の方もとても多かっ。
a0044916_2119544.jpg

高台寺の満開のしだれ桜です。

三寧坂の桜です。
a0044916_21204529.jpg

反対方向で石段の上から撮ったもの。
a0044916_2121041.jpg



この後、清水寺はパスして、東大路通りの五条に出て、バスに乗って京都駅まで行き、帰って来ました。昨夜、仕事が片付いたということ、地獄の新年度がやってくるということから、ニュージーランドのワインを飲みすぎ、疲れていたこともあって21時頃に30分ほど寝てしまったら、眠れなくなって、寝たのが3時。睡眠時間4時間。そういうわけでそれ以上歩く体力がなかったのです。

人が多かったけれど、疲れたけれど、心のリフレッシュはできたと思う。やはり行ってよかったです。
この週末が一番の見頃なのでは?
ただすごい人だろうと思う。
[PR]
by eri-seiran | 2010-03-30 21:28 | 身辺雑記

久しぶりの洋画

体力的にも精神的にも最悪でした。地獄でした。
こんな状態の休みの日は片付かない仕事をするよりも、また家の中に閉じこもっているよりも、出掛けた方が良い。

ニュージーランドに行ってから久しぶりに洋画が見たくなり、飢えていたので、洋画を観に行くことにしました。それも電車に乗ってこの窮屈な生活エリアから離れられる所に行きたい。
洋画はどんなものが上映されているのかもわからず、インターネットで調べたら、見たいなと思った映画が2本ありました。

フローズン・リバー新しい人生のはじめかた

どちらも大阪の梅田スカイビルタワーイーストの中にある映画館で上映されていたので大好きな大阪まで1時間以上かけて行って来ました。
午前中はダラダラと過ごしてしまい、家を出たのは15時半頃。と言うことで、18時半からの『フローズン・リバー』を見て、これが終わるのが20時過ぎだから、元気だったら、21時15分からの『新しい人生のはじめかた』を見ようとも終わったのですが、2本見るのはやはりしんどい。良い映画を同時に2本見ると、1本見た時よりもそれぞれの評価は下がる。それに2本見終わって帰ったら、家に着くのは日が替わってからになるし。無理はやめておこうと言うことで、『新しい人生のはじめかた』は次回にすることにしました。

『フローズン・リバー』は良かったです。
自分も頑張ろうと思えた映画でした。久しぶりの洋画で、それも良い映画に出合えてうれしいな。

明日から再び地獄です。
頑張ろう。
[PR]
by eri-seiran | 2010-03-08 23:37 | 身辺雑記

ちりとてちんのふるさと

a0044916_18463444.jpg

である小浜に来ております。

放映が終わって2年が経ちますが、今でも愛され、大事にされているのを感じます。
[PR]
by eri-seiran | 2010-03-01 18:46 | 身辺雑記

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧