<   2006年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

太陽暦の3月20日は?そして141年前の天気は??

山南敬助の命日は、太陰太陽暦(旧暦)では2月23日でありますが、太陽暦(新暦)では、3月20日となります。今の暦で考えると、今日です!今日なんですよ!!
つまり、春がもうすぐそこまで来ていた時季に、山南はこの世を去ったのです。
京での3度目の桜を見ることなく・・・
伊東甲子太郎の弔歌は、桜の花の散華に重ねて詠んでいますが、この時季に桜が咲き、散るということは考えられず、やはり山南の死後、何週間か経ってから詠まれたんだな~ということを、今日、改めて実感しました。

今日、私が住む関西のこの地は寒いです。天気は良く、青空に白い雲が浮かび、寒いけれど、春が近づいているのを感じます。
この時季は、真冬に戻ったかのように寒かったり、春が来たかのように暖かいなど、変化が激しいです。それを繰返して春になっていくんですよね。

元治2年(1865年)2月23日の天気はどうだったのだろう?
春が近づいているように暖かい日だったのだろうか?
今の2月23日は寒かっただろうと予想できるのですが、3月20日という3月の後半の天候なんって、考えられない。
そんなどうでもいいようなことが気になります。

そこでです!佐藤彦五郎日記を見たら、元治2年2月22日、23日、24日の日記が残っていました。
22日は曇り、23日は晴れ、24日は曇り、夜小雨 その数日前の18日は雪、19日は薄雪だったそうです。しかし、これは多摩の日野の天気です。あまり参考にならない。でもやはり、今の3月と言えども、雪が降るなど寒い時季でもあるんですね。京のその時季も寒い日、雪が降る日があったのだろうな~
そして当然ですが、佐藤彦五郎は山南敬助が亡くなったということは知らず、このように日記を書いていたのかと思うと、また胸が熱くなり・・・

きっと佐藤彦五郎のように、関西に住んでいた人で、その日の天気と出来事を書いた日記があり、今でもどこかに残っているだろうな~と思うのです。2月22日から24日にかけての天気について知りたいものです。本当にどうでもいいような事が無性に気になっています。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-20 16:23 |  出来事

『栄光の架橋』~2004年8月『新選組!』~

3月は別れの季節でもあります。
子ども相手の仕事をしており、毎年、この時期は一部の子どもたちを見送らなければなりません。
今日はそんな会が催された日です。朝から雪が舞い、正しくなごり雪。

送り出されるある子どもが一人の後輩の友人から、思い出の曲を録音してくれたMDをもらったとのことで、朝からそのMDに入っている音楽を流していました。
その中に、NHKアテネオリンピックテーマソングであったゆずの『栄光の架橋』が入っておりました。聴きながら胸が熱くなりました。
私はこの曲を聞くと、申し訳ないけれど、オリンピックのことを思い出すのではなく、2004年8月の大河ドラマ『新選組!』のこと、つまりあの頃の堺雅人@山南敬助や山本耕史@土方歳三らのこと、そしてあの頃の自分を思い出します。ちょうど、堺雅人@山南敬助の脱走、そして切腹が放映される時期とアテネオリンピックの時期が重なったのです。
NHKでオリンピックのニュースを観るたびに、この曲が流れてきて・・・
確か、オリンピックが始まった頃に、『山南脱走』が放映され、『友の死』は、オリンピック期間の真中あたりだったと思います。『山南脱走』を観た後の辛い、重苦しい気持ち、そして『友の死』を観終わった後の悲しみと苦しみと、そして脱力感。そんな日々の朝や夕に、テレビからこの音楽が流れており、自然に耳に入ってきました。

そしてこの曲の歌詞を聞いていると、『新選組!』と重なるな~と思うのです。

誰にも見せない泪があった
人知れず流した泪があった
決して平らな道ではなかった
けれど確かに歩んできた道だ

いくつもの日々を超えて 
辿りついた今がある
だからもう迷わずに進めばいい
栄光の架橋へと
終わらないその旅へと
君の心へ続く架橋へと


ねぇ~そういう曲でしょう。
この曲と『新選組!』は私の中でリンクしているほどです。
この曲を聴くだけで、涙が出そうになっていた時期もありました(汗)今はもう大丈夫ですけれどね。

きっと、これからもこの曲を聴く度に、2004年8月、『新選組!』、また堺雅人@山南敬助や山本耕史@土方歳三らのこと、そしてあの頃の自分を思い出すことでしょう。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-19 22:32 |  ドラマ/映画/舞台

山南敬助の自殺(自害)説について~『新選組始末記』より~

以前の記事 山南敬助の死について~子母澤寛の本より~ で、子母澤寛が『新選組始末記』で
一説には、近藤への書を残して、脱走などはせず、そのまま、前川邸で自殺したとも言うが、要するに、土方歳三との勢力争いが高じて、こんな結果になったものである。
と、書いているのは、八木翁、或いは壬生界隈のご老人方にそう聞かれたのではないのではないだろうかと、私は述べました。

しかし翌日の記事 山南敬助の死について~新撰組始末記より~ で、 
山南は西本願寺への移転に反対して、一書を残して自刃した。
という西村兼文の記録を読んで、子母澤寛が自殺(自害)説を挙げた可能性もあることを述べました。

しかしです。今回、子母澤寛の『新選組始末記』を最初からきちんと読んで、さらに見落としていた点があることに気付きました。
『新選組始末記』で、子母澤寛は最初にこのように述べているのです。

明治二十二年七月九日に脱稿したという西村兼文氏の「新撰組始末記」なるものがある。
時には史料の参考とせられるがわたしはこの書に信じられぬ多数の点を見る。

                  「新選組始末記」(中公文庫)P13~P14

どちらが信憑性があるとか、ないとか、そういうことは問題ではありません。新選組ファンとしてはどちらも貴重な書籍であります。

ここで何を言いたいのかと申しますと、私は、子母澤寛が敢えて山南の自殺(自害)説を挙げた理由として、西村兼文の「新撰組始末記」を参考にしたのではないかと述べました。
しかし子母澤寛が西村兼文の「新撰組始末記」について、この書に信じられぬ多数の点を見ると述べているのに、参考にするとは考えられないだろうと改めて気付いたのです。
それならば、最初に述べたように、敢えて山南の自殺(自害)説について書かれているのは、やはり八木翁、或いは壬生界隈のご老人方にそう聞かれたのではないでしょうか?
土方との勢力争いが高じてという点についても、そのように聞かれたのかもしれませんが、内部のことはなかなか部外者にはわからないところもあるでしょうから・・・すみません。偏った見解をしています。と言うわけで、この土方との勢力争いが高じてという点については、宿題とさせてください(汗)

とにかく、この子母澤寛が書かれたこの部分は、自殺(自害)説を肯定するひとつの理由になると思うわけです。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-18 10:29 |  本

残留を決めた山南敬助らの経過と状況~文久3年3月中旬~

京に残留することを決めた山南敬助らの文久3年(1863年)3月中旬の経過と状況について、『新選組日誌 コンパクト版(上)』を参考にしながら、ちょっと整理しておきたいと思います。いよいよ会津藩が登場です。

3月10日
会津藩主の松平容保、幕府より京都残留組希望者の差配が命じられる。
残留の17人が会津藩に趣意書(嘆願書)を提出する。


ここで、差配が命じられた日と、同じ日に趣意書を提出していることが疑問となるわけですが、17名は10日以前より市中の見廻りをしていたのではないか?その行動が京都守護職の会津藩の目に留まり、彼らの行動を公式のものとするために、嘆願書(趣意書)を提出するように会津藩が求めたのではないかと、『新選組日誌』では、解釈されています。
なるほどね~
自分たちで残留することに決め、自分達で勝手に市中の見廻りをしていたというのです。彼らは京の人たちから見れば、よそ者です。色々な藩の人たち、また浪士たちがいる京の町でそんなことをするなんって、すごい!勇ましい!
そして語弊があるかもしれませんが、そんな彼らが愛しく思える。

ここでもう一つの疑問が、この17名のメンバーです。浪士組として上洛した近藤の試衛館派が8名、芹沢派が5名、それ以外に粕谷新五郎、阿比留鋭三郎です。そして上洛する時の浪士組の名簿には名前がない斎藤一と佐伯又三郎が加わり、計17名です。この17名は近藤が26日付けで近藤周斎、佐藤彦五郎、小島鹿之助など17名に連名宛てで書いた手紙『志大略相認書』に書かれています。この斎藤一と佐伯又三郎については、以前の記事 斎藤一と試衛館、そして山南敬助 で触れましたので、ここではスルーします。

3月12日
上記にあげた17名が会津藩の預かりとなる。


これも『志大略相認書』に書かれているそうです。

3月13日
清川初め浪士組、京を出立して江戸に帰る。


3月15日
京都残留組の24人が正式に会津藩の配下なる。


これは会津藩庁記録に残っています。
この24名とは、先に述べた17名にプラス鵜殿系と言われる殿内義雄と家里次郎ら7名です。

このようにして、新選組の土台が作られていったというわけですよ。

この経過を書きながら、色々と思うわけです。
趣意書(嘆願書)は、実際は誰が書いたのだろうか?
山南敬助???
すみません。自分でもわかっています。偏った見方です。
このような場合、ここでのリーダー的存在の人が書くのでしょうか?そうなると、近藤か、芹沢が候補として上げられるのでしょうが、この次に考えられるのは冷静に考えても山南になるのでは???候補第3位は山南敬助でしょう。あくまでも私的な考えです。

大河ドラマ『新選組!』では、嘆願書を書くことを提案したのは堺雅人@山南敬助でした。
山本耕史@土方歳三と堺雅人@山南敬助がお汁粉を食べながら、今後のことや会津藩について話しているシーンはお気に入りの一つ。
そして嘆願書を書いたのも山南敬助でした。
『新選組!』では、そのような重要な書き物をする時には常に山南敬助でした。

話しが少しずれましたが、京に残留することが決まり、その後会津藩の預かりとなるまでの3月中旬の山南敬助らの経過と状況でした。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-17 22:04 |  出来事

春の嵐~南国の空港より~

こちらは、昨日の晴天から春の嵐になりました。
風と雨がひどく、空港バスに乗るまでに濡れてしまいました。

ただ今、坂本龍馬とおりょうが訪れたと云われる地の近くの空港で、大阪空港行きの飛行機待ちです。
悪天候のため、飛行機の発着も乱れているようです。しかし私が乗る飛行機は予定時間通りに飛ぶらしい。

ここから大阪空港まで約1時間ほど。龍馬たちは京から何日かけてここまでやって来たのだろう?
しかし時間をかけての旅、楽しくて、幸せだっただろうな~なんって、山南ラヴとしては、わけのわからないやきもちを焼いてしまいそうです。いや~焼いています(汗)
しかし山南敬助も愛した女性がいただろうし、そんな幸せもあったんだろうな~そう思っています。

ところで、坂本龍馬もこんな飛行機というものが発明されて、日本のあちらこちらに数時間で、簡単に行けるようになるなんって、思ってもいなかっただろうな~
きっと今頃は、びっくりしていることでしょう。

私は、これから坂本龍馬の出身地の土佐藩の上空を飛んで、山南敬助が眠る関西に帰ります。
光縁寺には寄れないけれど、京都駅から帰ってきましたと報告します(笑)
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-16 13:48 | 身辺雑記

『冗談新選組』~みなもと太郎氏と三谷幸喜氏の対談より~

こちらふるさとで、山南敬助、新選組話しが唯一できるのが甥です。一昨日も昨日も色々と話していました。
昨日は、みなもと太郎さんの『冗談新選組』を持参してくれました。「冗談新選組」「仁義なき忠臣蔵」のマンガ以外に、大河ドラマ『新選組!』が放映される前の三谷幸喜氏とみなもと太郎氏の対談が載っています。
実は私もこの本は持っていて、読んだのですが、今回、対談を改めて読んで、新たなことに気づきました。
三谷氏は、新選組の映画でフィクションの要素が多いものを観ると、本当にあったことなのか、作者の創作なのかがわからなくなると、対談で仰っています。
そして、三谷氏とみなもと氏がこのような話しをしています。

三谷:山南敬助の最後の話にしても、ああいうポピュラーなエピソードはぜひ描きたいんですけど、あれも子母澤寛さんが創作したという話もあるんで。
みなもと:山南の最後は、脱走した彼を沖田が追っかけて、引きもどしてという、悲しい場面ね。
三谷:恋人の彼女も側にいて。
みなもと:でもその部分は、司馬遼太郎もそのまま使ったと思いますよ。


この後もフィクションと事実ということについて話しが続くのですが、これらを読み、三谷氏の中で、山南の最後の描き方について悩んでいたんだな~ということが伝わってきました。
この対談が行われた時、『新選組!』の10話まで書かれていたようです。
私は、山南敬助の最後をどのように描くか、この時から悩んで考えて下さっていたということがとてもとても嬉しく思いました(涙)
三谷さんも堺雅人さんも仰っているように、三谷さんと堺さんがキャッチボールをしながら、また試衛館派のメンバーによって作られた山南敬助、そして山南敬助の最後の描き方について、みなもと氏との対談の影響もあったんだな~と改めて気付きました。
山南敬助の最後をあんなに丁寧に描いた作品は、山南敬助が主人公のものでない限り、出てこないだろうな~本当に嬉しく思っています。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-15 17:32 |  本

春が舞い戻ってきた南九州より

今日は、ずいぶん暖かく、春の気候です。
こちらに帰ってくる前に、「真冬のように寒いよ」と、家族の者から驚かされていたので、冬の服しか持参しておりません。ちょっと後悔。
今日は姉と一緒にランチ。姉の薦めの食堂へ。刺身定職にコーヒー付で730円。刺身は6種類ほどのものが食べられました。海が近いので、こちらは美味しくて、安い魚が食べられるのです。その後、姉と別れ、春の陽気に誘われてブラブラと歩きました。

a0044916_15561144.jpg南国の風景です。これまで関西から何人かの友人らが遊びに来たことがあるのですが、このようなヤシを見ると、南国に来たんだと、実感するようです。私なんか、生まれた時から見て育ってきたので、そんなことを考えたことはなかったのですが、そう言われてから、なるほど~と思うようになりました。私が帰ってきたと実感するのは、方言があちらこちらから聞こえてきた時です。ふるさとに滞在している間、またふるさとから関西に帰ってしばらくの間は、こちらの方言・関西弁・標準語が頭の中で入り乱れ、混乱してしまいます。
a0044916_1642011.jpg
これは金盞花です。昔は実家にもたくさん咲いており、子供時代、印象深い花として忘れられないのが、金盞花と金魚草です。残念ながら、今回、金魚草にはお目にかかることができませんでした。

春が舞い戻ってきたふるさと。山南敬助が眠る京都、関西にも春が近づいてきているのでしょうか?その関西へ、明日、帰ります。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-15 16:21 | 身辺雑記

春から冬に舞い戻った南九州より

所用で、実家がある南九州に昨日から帰って来ています。
全国的に寒いようですが、こちらも寒いです。
こちらの友人の話によると、ちょっと前までは夏のように暑かったとか?そりゃちょっと言い過ぎでは?と思うのですが・・・
ただ私の母も片付けていた毛布を出してきたとのこと。片付けたということに、まだ寒い関西に住む私には信じられないことでした。
さらに今日、ランチを食べるために入った喫茶店でのお客さんらの会話。
「石油ファンヒーターの灯油はもういらいないと思って使い切ったのに、この寒さのため、再び買ったわよ~」
「うちはもうこれでなくなったけれど、もういらないよね?」
そうなんですよ。こちらでは、春になっていたのに、再び冬が舞い戻ったようです。
この寒波が通り抜けたら、再び春が戻ってくるのでしょうか。
a0044916_1592273.jpg実家の庭に咲いていた菜の花です。記事にしてから、菜の花、この地域でこの時期では遅い?と思い、後で家族の者に聞いたら、葉菜(菜っ葉)の花とのことです。すみません!でもきれいでしょう?全く手入れはしておらず、毎年、この時期になると咲くようです。あちらこちらの畑や土手などでも見かけます。
この時期に咲くのが普通なんでしょうね?こちらの方でも観光のために1月から見れる菜の花畑もありますが・・・
お正月につぼみだった玄関前の水仙は当然のごとく、もう終わっていました。
a0044916_1514457.jpg


こちらは駅前に咲いていたポピーの花です。
冷たい風が吹くたびに、風に任せるかのように吹く方向へ揺れていましたが、それがまた力強く感じました。

さて、旅や乗り物を長時間利用する時、必ず持参するものが本です。今回は何にしようか?迷いました。
迷った挙句、子母澤寛の『新選組始末記』にしました。もちろん、以前に読んだことがあるのですが、もう一度、じっくり読んでみようと思いまして・・・
また新たなことに気づいたり、感じたりするわけで・・・まあ~当然のごとく、山南敬助中心で読んでおります。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-14 15:51 | 身辺雑記

初めて日野を訪れた1年前、そして舞台観賞とゆかりの地巡り

去年の3月13日 新選組の日に、私は初めて多摩の日野を訪れました。
『新選組の日』記念イベントに参加するために。

最初はこれが上京の目的ではなかったんですよ。
堺雅人さんの舞台『お父さんの恋』を3月15日にパルコ劇場で観るのが目的でした。
そして時間が許す限り、関東の新選組ゆかりの地を巡ろうとは考えてはいたところ、友人から『新選組の日』記念イベントが13日に日野であること、そして源さん・周平のトークショーがあることを教えてもらい、それに合わせて上京を早めた次第です。

友人らとは、高幡不動駅前で待ち合わせ。
新幹線が関東に近付くにつれて少し緊張。電車が高幡不動駅に近付くにつれてドキドキ。高幡不動駅に着いた時には、感激で胸が一杯(笑)
山南敬助もここに来たんだ~と思っただけで、胸が熱くなるわけです。
初めて会津を訪れた時とはまた違う感動、緊張感がありました。
それはやはり、山南が訪れたという記録が残っている地であり、また土方の故郷、そして新選組が生まれた所とも言えるからだと思います。

これまで何度か来ている友人らの後ろをついて、色々と教えてもらいながら歩く私。
本当に新鮮でした。
あ~山南も初めて訪れた時、こんな新鮮な気持ちだったろうな~
やはり緊張感もあったのかな~
近藤と一緒に歩きながら、色々と教えてもらったんだろうな~
日野は山南の目にどのように映ったのだろうか~
1年前、そんなことを思いながら歩いた日野。
その時、また必ず来ようと誓い、今年の1月に実現できたというわけです。

最初にお話ししたように、最初の目的は堺さんの舞台でした。またその約三ヶ月半前も堺さんの舞台『喪服の似合うエレクトラ』を観るのが一番の目的で上京したのですが、その時には東京区内の新選組ゆかりの地を巡り、そして会津まで足を運びました(会津は思っていた以上に遠かった)
そして去年の4月、大阪での堺さんの舞台『お父さんの恋』を観るために関東から来た友人と、舞台を一緒に観た次の日、京都の新選組ゆかりの地を巡りました。もちろん、山南敬助の墓参りもしましたよ。

山南敬助の知名度を上げてくれた堺雅人さん。この方の舞台観賞の度に、新選組ゆかりの地巡りをしている私。これも何かの縁なのでしょうか。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-13 00:40 |  ゆかりの地

第四回『天地ひっくり返る』を観て、改めて思ったこと

先日、堺雅人さんが演じる山南敬助と山本耕史さんが演じる土方歳三に無性に会いたくなって、それもこの二人が初めて出会うシーンが観たくなって、第四回『天地ひっくり返る』を久しぶりに観ました。そこで桜田門外の変が起きた年を自分が勘違いしているのに気付いたわけです(汗)

改めて観て、この回は凄いよな~と思いました。
堺雅人@山南敬助、佐藤浩市@芹沢鴨、オダギリジョー@斎藤一が香取慎吾@近藤勇とそれぞれ出会うわけですよ。
大河の『新選組!』において、それぞれがキーパーソンだよな~と、私的には思うのです。もちろん、みんなそうなんですけれど、この3人は近藤と土方の立場から見た場合、特にそうだよな~と思うのです。
そしてオダギリジョーさん演じる斎藤一、成長したよな~とか、年齢を考えると、この頃は10代の後半に入った時で、まだ少年だし(苦笑)会津で土方に託されて別れる時、史実で考えた場合は25歳くらい。まだ若いし・・・
山南敬助が初めて試衛館を訪れた時、自信たっぷりで、余裕があり、インテリア気取りの20代後半。そんな山南敬助も、また斎藤一も近藤や土方など試衛館派のメンバーによっていい意味で変わっていくんですよね。
藤原竜也@沖田総司だってそう。ここで、山南に負けたからこそ、強い剣士になっていくわけで。

胸が熱くなった一番のシーンは、近藤勇が留守のために帰ろうとする山南を土方が強引に止めるところで、二人が始めて出会う場面です。必死に、また強引に引きとめようとする土方。その一方で余裕を持って応えている山南。
その後の二人のことを色々と考えていたら、思わず涙ぐんでしまいましたよ。
そして食事の場面、山南が話すのを聞いて、「しゃべりすぎるやつは好かん」と、部屋を出て行く土方。
その土方がですよ、その土方が・・・約9年後に、蝦夷地で「山南総長は武士の中の武士だ。あの人がいなきゃ、今の新選組はなかった」と言うんですから。この9年間、土方にとって山南の存在は色々な形で変わっていったんだろうな~と改めて思いました。
もう胸が熱くなりましたよ。

堺雅人さんが演じる山南敬助と山本耕史さんが演じる土方歳三、やはりこの二人の存在は大きかった。
他の隊士のみなさんもそうなんですが、特にこの二人については、新たな山南・土方像を作ったな~と、改めて思う次第です。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-12 00:36 |  ドラマ/映画/舞台

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧